スポンサーリンク

リベンジ

スポンサーリンク

昨日、ヘアエピテーゼのお客様がお見えになりました。
いろいろ話を聞くとNPOを立ち上げた頃(3年前)にパンフを置いて頂いた病院からでした。
初めは事務局が預かってくれて、そのままパンフはどこに行くのかわからない状況で、まったく対処の仕方がわかりませんでした。
もちろん当時は化学療法室があるのかないのかもわからない状況でした。
当然、協会のパンフもなく、印刷をしたオリジナルの8つ折りパンフだけでした。
しかし、よくそんなんでやってたよな~とおもいます
90205
そのお客様によるとパンフがありましたよ・・・
うそ~・・・マジですか?
それを見てネットで調べてきましたとのことです。ありがとうございます
諦めていたのですが、これは早速動かないといけないチャンスです。
しかし、パンフケースがなく、今、発注しているところです
さあ、がんばろう
ご協力よろしくです
↓ボチット押してください

美容関連
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大阪 堺で医療用ウィッグを作成 治療後の自毛の相談ができる美容室|Ha-DU

コメント

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました