スポンサーリンク

   

よくここまで我慢してたね〜! | 抗がん剤治療後の自毛の相談ができる美容師

スポンサーリンク

 

よくここでお話しするのは乳がんや子宮がんなどの女性に多いがんの患者さん向けです。

 

ウィッグが必要なのは乳がん患者さんだけでなく、脱毛症や抜毛症の人もいます。

 

が、抗がん剤治療による脱毛があるのはそれだけじゃないんです。

 

白血病

まだ原因がわからないって言われている病気です。

そんな白血病になって脱毛してしまった20代女性のウィッグを昨年の11月に作らせてもらったんです。。

 

約1年経ってメールが届きました。

 

もう結構自毛が伸びてきたんですけど、自毛のこともしてもらえますか❓」

 

当然させてもらいます❗️笑

 

でね、早速お店に来てもらったんですけど、

白血病の場合、乳がんの方と違ってホルモン療法のような治療後の治療が無いので、髪がどんな伸び方をするのか全くわからなかったので楽しみにしてたんです❗️

 

そしたら、、、

 

 

めっちゃ長いし、クリンクリンやん❗️

 

ってか、この長さと毛量があってよくウィッグがかぶれてたなってのが一番びっくり❗️

 

連絡しようしようとしてなかなかできなかったみたい💧

僕ってそんなに連絡しづらいんかな〜❓😅

 

 

 

いや〜しかし、このクリンクリンはなかなか難易度が高い💧

当然、一回の縮毛矯正ではちゃんと伸びるかどうかが心配です。。

 

2回から3回するとちゃんとなるよってことをまずはお伝えして、早速施術開始❗️

 

矯正中は当然の如くおしゃべりしまくり。。

治療中のことや副作用のこと、

治療法のことなどいろんな質問しちゃいました😅

だって、白血病に関してはちゃんとした知識がまだないんやもん。。

 

でもね、ちゃんと教えてくれたんですよ❗️

しかも、思い出すのもイヤなんじゃないかなって思うのに笑顔で教えてくれたんです。。

 

ホント、感謝です⭐️

 

ちなみに、質問攻めだけじゃないですよ❓

ちゃんと髪質を改善するためのスケジュールもたてました❗️年内はもうバッチリ❗️

 

 

で、縮毛矯正の方はと言うと、、、

やっぱり、若干クセが残る💧

 

でも、思ったよりも伸びてくれたんで良かったかなって⭐️

 

 

 

結構伸びたでしょ❓

 

長さもバランスよくまぁまぁカットしてます❗️

少し伸びてまたカット。

また少し伸びてカットを繰り返して段差をなくしていきます。

 

次は縮毛矯正じゃなく、髪質改善でなんとか出来そうな気がする❗️

髪質改善ならコストも抑えられるのでお財布にも優しいんじゃないかな❓

 

 

ご本人も最初との違いにビックリしてたな⭐️笑

 

あっ、

当然、ウィッグは被らずにお店を出たので、、、

自毛デビュー大成功❗️

です😉

 

自毛デビューってね、ホントに一大イベントなんです。

 

なにかとストレスにもなりかねないウィッグを被らずに外に出るんだから❗️

 

そんな日のお手伝いをさせてもらえてホントに嬉しいなって思います⭐️

 

Mちゃん、自毛デビューおめでとう❗️

 

 

自毛デビューのご相談、その他のことの相談もいつでも受け付けます❗️

メールの場合はその日のうちに出来るだけ返信します。

が、、、寝てたら朝まで待っててくださいね😉笑

 

 

では、また〜👋

 

 

 

 

 

 

コメント

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました