スポンサーリンク

ウィッグの選び方⑤wig

スポンサーリンク

毛量=重さ
9021301
ウイッグを選ぶ時のポイントとして毛量があります。
当然ロングとショートの場合は重さも違ってきますが、ある程度の目安を基準に選んでください。
[emoji:v-136]ウエフトタイプ(機械編み)のウィッグは布の部分が結構あるために重いです。
ミディアムで135gぐらいが目安になります。
これはあくまでもネットの形状によって変わってきます。触ってちょうどいいぐらいのウィッグの重さを基準にする方がいいでしょう。
既にお持ちの方は前もって重さを量っておく方がいいですよ[emoji:v-411]
[emoji:v-137]ネットタイプのウィッグはネット自体が軽いためミディアムぐらいで80g~90gが目安です。
ウィッグは多少使いこんでくると抜けてきますが、あまりにも毛量が多い場合がほとんどです。メーカーはそのあたりをあまり考えずに作っています。
多いにこしたことはないのですが、スタイル的にみるとどうしても不自然で20年ぐらい前のカットスタイルになるのです[emoji:v-409]
もちろん美容師さんに[emoji:v-331]カットをしてもらうのですが、量が多すぎると根元が多く毛先がペラペラという結果になります[emoji:v-388]
そうなればトップの毛が短くなりスタイル的にも最悪な状況になります[emoji:v-405]
この場合はウィッグを扱っている美容師さんでないと通常のウィッグスタイルにはなりませんので、ご注意ください[emoji:v-406]
スタイルの良し悪しは毛量と言っても過言ではありません。ここはポイントですのでしっかりと選んでください。特にネットで注文する際もグラム数を聞くことをお勧めいたします。[emoji:v-363]
続く
読み終えたら↓ボチット押してください

ウィッグについて
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大阪 堺で医療用ウィッグを作成 治療後の自毛の相談ができる美容室|Ha-DU

コメント

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました