スポンサーリンク

アジャスターの不具合

スポンサーリンク

9021401
アジャスター付のウィッグの場合、1年以上使っていると使用状況やシャンプーの回数などによってアジャスターのゴムの部分が劣化してくる場合があります[emoji:v-409]
9022601
ひどい場合はこのような状況になります[emoji:v-405]
これではウィッグを固定する際にゆるんでしまい安定しなくなります[emoji:v-393]
その時にアジャスターのゴムを交換すればしっかりと使えるようになります[emoji:v-221]
ゴムは手芸店などで売っている平ゴムなどですが、いろいろ試したのですがどうしても耐久性が弱いので、交換するのでしたらこのゴムがおススメです。
9022602
アジャスターのゴムの幅は大体1cm前後なのですがそのサイズがなく1.5cmの幅のゴムなのですがなんとか入ります。
[emoji:v-209]女性の方でしたらゴムを外して2重にして縫いつければ十分できると思いますので、ゴム等の劣化や破損はそれで対応できますよ。
※自信のない方はご購入店に相談してみてはいかがでしょうか?
↓是非、一度ご覧ください
SHIHOのこころ
9021501

カツラ美容師・福本志穂さんの志を引き継ぐ美容師を募集しています。
がんと向き合う美容師さんは、ぜひこちらへ。
↓ Ha-DUのホームページです。
http://www1.odn.ne.jp/ha-du/
読み終えたら↓ボチット押してください


アクセス解析

ウィッグについて
スポンサーリンク
スポンサーリンク
大阪 堺で医療用ウィッグを作成 治療後の自毛の相談ができる美容室|Ha-DU

コメント

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました