スポンサーリンク

カットできるウィッグとしない方がいいウィッグ。 | 医療用ウィッグをカットする美容師

スポンサーリンク

 

医療用ウィッグのカットってしてもいいの❓ってよく質問されます。

 

というよりも、

カットしてもらえるのかって質問が多いかな😅

 

なぜ、そんな質問が多いかっていうと、

医療用ウィッグをカットしてくれる美容師がいないからなんです。

 

普通に考えると、

なんでなん❓

って思うかと思うんですが、たしかに美容師の意見もわからないでもないんですよね(^_^;)

 

だってね、

業者さんで購入した高価なウィッグでも、スタイルが気に入らないから別の場所でカットをお願いするわけですよね?そのままじゃ被れないからお願いするってことでしょ?

それなのに、自分の思ったスタイルと少しでも違ったら弁償を要求する人がいるからなんです。

 

正直、お願いしてるのに弁償って…

 

それなら買ったところに持っていけばいいじゃないですか❓

美容師の技術やクセは十人十色です。

自毛に関してもそうなんですけど、合う合わないがあるのも当然だと思います。

 

ウィッグのカットをお願いするってことは賭けでもあるってことをもう少しわかってほしいなって思います。

 

その結果、ウィッグのカットは何かと理由をつけて断る美容師が増えたってことなんです。

たしかに、弁償ってなったら大変やもん。

 

まっ、

僕は今までそんな経験はまだないんですけどね😅

一回でも経験したら心がポキって折れそうやけど💦

 

でもね、断る美容師もどうなん?って思うけどね。。

 

美容師がカットしなかったら誰がカットするの??笑

 

ってことで、

このブログを通じて他社製のウィッグのカットの依頼もちょいちょいあるわけなんです。。

 

ただ、

ウィッグの種類によってはカットしない方がいいウィッグもあるんですよ‼️

 

カットしてもいいウィッグとしない方がいいウィッグの違いは?

一般的に医療用ウィッグとして販売されてるもののウィッグの内側はこうなっています。

 

 

全体がネットで、そのネットに毛材を手編みで編み込んでいくタイプ。

 

これが一般的に販売されているウィッグです。皆さんのもそうでしょ??

 

このタイプだと大抵カットしても大丈夫だと思います。

毛量の多い部分、少ない部分の差が激しく作られているウィッグの場合は別ですけど。。

 

 

次に、こんなタイプのウィッグを見たことありませんか?

 

 

機械編みでみの毛タイプの毛材を上から重ね合わせるように作られたタイプのウィッグ。。

 

これはカットしない方がいいんです。

 

また通り、上から被せているタイプなので、短くカットすると地肌が丸見えになります。

 

毛量を減らしても同じことになります。

 

一つのスタイルをみの毛の長さの強弱で重ね合わせて作られているのでカットをしてスタイルを崩してしまうとエライコッチャになっちゃいます💦

 

そんな場合は自分のしたいヘアスタイルの別のウィッグを購入する方がいいかなって思います。

 

だって、このタイプは医療用ウィッグとして販売されているモノよりもだいぶと安価やと思うので。。

 

安いウィッグを購入するとそれなりの代償ってあるもんなんです💧

 

ウィッグを購入するときにはパッと決めてしまうんじゃなくて、じっくり考えるほうがいいかなって思いますよ😉

 

 

ウィッグのカットに関して相談したいって方はいつでもご連絡くださいね‼️

まずはものを見せてもらってからの判断になります。もしかして、カットしない方がいい状態かもしれないってことだけ理解しておいてくださいね😉

 

 

では、また〜👋

 

 

 

 

 

コメント

PAGE TOP