スポンサーリンク

   

医療用ウィッグは持ってるだけでも安心する!? | 医療用ウィッグを作る美容師

スポンサーリンク

 

がんになった…

 

髪の毛が抜ける…

 

でもね、

それって絶対じゃないって知ってる❓

 

 

がんの種類によって使う抗がん剤が違ったりするんです。

 

脱毛するかしないかは抗がん剤の種類や使う分量にもよります。

 

ただ、癌と言われたらまずは髪の毛のことが気になるのが女性。

 

じゃあ、

その不安はどう取り除いてあげればいいのか。

 

そんな場合はいつも

「いざ作るってなったらその場で作れるからその時でもいいと思うよ❗️」

って言ってます。

 

でも、それって本当に正しいのかって思うことも正直あるんです。

 

人にはいろんな考え方があります。

 

まずは考え方のベースは何なのか。

金銭的なことなのか、

それとも、安心なのか。

 

金銭的に出来るだけコストダウンしておきたいって思うのであれば、

いざ必要な時に購入するのがベストやと僕は思います。

 

ただね、

安心を求めているのであれば、

抜けるか抜けないかわからない状況でも手元に置いておく必要があるんですよね。

 

抜けなかった時は使わずに終わるので、

正直、ムダになってしまいます。

ただ、ウィッグを手元に置いて安心を求めてる人はムダとは思わず、使わないで終わってよかったって思うんですよね。

 

手元にウィッグを置かずに抜けたらどうしようって思うよりも、

もし抜けたらこのウィッグをかぶればいいからもう安心って思う安心感って抗がん剤治療への意気込みも変わってくるんです。

 

決してどちらがいいって答えは無いと思います。

 

ただ、あなた自身のベースは治療にもお金はかかるので【コストダウン】なのか【安心】なのかってことです。

 

先日来られた方は以前からウィッグを作らせてもらってる方です。

 

そう。

がんの再発と転移が見られてまたまた抗がん剤治療になったんです。

 

以前のウィッグも綺麗に使ってくれていたので

そのまま前のウィッグを使うことも可能なんですけど、ご本人の意向で新しいのも一つ作っておくことに。

 

ただね、、、

 

 

もう抗がん剤治療が始まってるのにもかかわらず、この毛量。。

 

ホントにウィッグを被らなあかんぐらい抜けるんかな❓もう少し待ってみてもいいんじゃない❓

って言ったんです。

いつも通りに。。

 

そうすると、

「いいねん❗️ウィッグ持ってたら安心やから❗️急に抜けて焦るより持ってた方がいい❗️」

って。。

 

いつもなら、

それでも…って言うところが今回はじゃあ作ろうか❗️って気持ちになったんです。

 

たしかに、金銭的には安い買い物じゃないけど、そのお客さまからしたらお金じゃないんかもなって思ったから。

 

プライスレスやね😉

お金で買えない価値がある。

そんなCMあったよね❓❓

 

って事で、早速ウィッグのカットを。

 

 

今回は

ミックス毛のライトブラウン

 

ここからカットしてスタイルを作ります。

 

 

ヘアスタイルが決まっていないってところが僕のウリなんですよね。

 

カットをして好きなスタイルを作成する。

 

他業者みたいにウィッグを選ぶんじゃなくて

自分にウィッグを合わせるんです。

 

そうじゃないと合うわけがない。

 

で、最後に被った状態で似合わせのカットをすることでさらに自然になるんです。

 

 

これ、自慢❗️笑

人工頭皮部分もかなり自然でしょ❓

ミックス毛のウィッグであっても出来るだけ自毛に近いように作ってます。

 

やっぱね、

外歩いててウィッグって気付かれたらイヤじゃないですか。。

出来るだけわからないようにってのを心がけてます⭐️

 

 

今回のように、

ウィッグを持っていると安心するから必要って思う方も沢山います。

僕自身も自分の考えを押し付けすぎてたのかなってすごい反省してます。

 

今回のお客さまもウィッグを持って

「これで安心やわ❗️ありがとう❗️」

って言ってくれたので僕もすごい嬉しい気持ちになった⭐️

 

これだからこの仕事はやめれんわ❗️

 

もっともっとがんばろーっと😉

 

 

では、また〜👋

 

 

 

 

 

コメント

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました