スポンサーリンク

毛先の処理

スポンサーリンク

9071901
レイヤースタイルなどのキレイなところは毛先がきれいにブローやアイロンがされているところです[emoji:v-411]
しかし、ウィッグを長いこと使っていると毛先がちじれたりしてきます。
[emoji:v-363]その場合は毛先を5mmぐらいカットすればおさまります。
また、何度かアイロンのやり方を書きましたので丁寧にやれば伸びると思います。
ただ、ウィッグの毛量にもよるのですが、かなり多い場合はテーパー(削ぎ)を入れて軽くする場合が、ほとんどです。
その場合、アイロンで毛先まで引っ張ると5本から10本の毛を引っ張ることになり、強い力が加わり、逆にその毛だけがちじれる場合があります[emoji:v-388]
そのような場合のアイロンの仕方なのですが、ウィッグの毛を下からすこしづつアイロンをしていくのですが、根元から中間部分までしかアイロンをしません。
3パネルぐらい、同じように行います[emoji:v-410]
そのあとその3パネルだけをまとめて中間から毛先までアイロンをかけるようにします[emoji:v-221]
するとペラペラだった、毛先の量が増えるので熱の加え過ぎや数本だけを引っ張りすぎるということがなくなります[emoji:v-218]
9071902
髪の毛は強く引っ張ればまっすぐになるというものではなく、真っすぐに張った状態で熱をくわえて冷やせばストレートになります。
この点を頭に入れながらブローやアイロンをしてくださいね[emoji:v-345]


 
↓ お問い合わせやご相談はこちらのメールフォームから
投函してくださいね

Ha-DU hair epithese メールフォーム
↓ Ha-DUのホームページです。
http://www1.odn.ne.jp/ha-du/
読み終えたら↓ボチット押してください
人気ブログランキングへ

コメント

PAGE TOP