ホント、申し訳ないことしたなぁ〜。 | 医療用ウィッグを扱う大阪の美容師

 

今日はね、ホント申し訳ないことしたなって思う出来事があったんです。。

 

昨日、なかもず店希望のお客さまからお電話があったんです❗️

 

電話でいろいろとお話を聞いているとね、

もう脱毛が始まっている❗️

とのこと。

 

これは早急になんとかしないといけない!

 

今日のお客さまはね、

耳原総合病院の患者さまなんですけど、

 

 

耳原総合病院さんにはうちで扱っているウィッグのサンプルを置いています。

そのサンプルとパンフレットを見て来てくれたんです。

 

毛材は人毛にこだわっているみたいだったんですけど、パーマがしたいとのこと。

 

 

人毛だったらパーマの施術が可能なんです❗️ただ、毛材の傷みも人頭よりあるってマイナス面もあります。

まずはそこを了承してもらう必要があるんです💧

 

パーマやカラーが出来るって特権はあるけれど、傷みもあるんです。

人頭でもそうでしょ❓❓

 

よくヘアスタイルの写真でカールが付いているのを持ってきて、

これにしてほしい❗️

っていう人がいます。

雑誌などのウェーブがついたヘアスタイルのほとんどがパーマではなく、カールアイロンを使ってるんです。

 

正直言って、カールアイロンでつけたカールをパーマで再現することは不可能なんです。

 

そうなると、まずはカールアイロンを使い慣れる必要があります💧

 

ただ、今日のお客さまはホットカーラーを使うってことだったので、僕的にもじゃあ、大丈夫か❗️って思い試着に入りました。

 

すると、そこで事件が、、、

帽子を取ってもらって、

ウィッグを被せた瞬間、、、

ウィッグが入らない😵

 

そう。

ウィッグが入らなかったんです。

正しくは、

入ったのは入ったけど、キツキツ❗️

 

うちのウィッグはある程度大きめに作っているんですけど、ごく稀にそれ以上に頭が大きい人がいます。

 

そんな場合、フリーサイズのワンサイズのみのうちのウィッグでは対応できないのでオーダーメイドにするか他社製にするかになります。。

 

ウィッグが入らなかった時ってホント悔しいんです。

キツキツでも無理に入れて販売する業者も正直あります。

が❗️僕はそんなことはしたくない。

だって、

キツキツだと絶対に頭が痛くなるはずだし、頭が痛くなったら被るのもイヤになるはず。

自分なら絶対にそう❗️

 

でも、

せっかく遠くから来てくれたんだから、何か情報をって事で、他社製の情報をお伝えさせてもらいました。

 

人毛にこだわった結果、うちに来てくれたのに対応できなかったことがスゴい悔しかったし、申し訳なかったなって思うんです。

 

ここがまた次の課題になるかな❗️って。

 

どんな方でもすぐに対応出来るように色々と試行錯誤していきます❗️

 

今日のようなことが無いようにね🌟

 

あー、がんばろっと❗️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

PAGE TOP