スポンサーリンク

 

抗がん剤治療後に生えてきた髪はホント何が起こるかわからない。

スポンサーリンク

 

抗がん剤治療後に伸びてきた髪はフニャフニャだったりクセがキツかったりといろんな問題点があります。

 

先日、ホントにビックリしたんです。

過去2度カラーをし、3度目のカラー(3回とも同じカラー剤)でまさかの

毛先がビビれる!

という事態に。

正直、なんで!?

って思うぐらい。

だってね、ずっと同じカラー剤を使っているのにもかかわらず今までは普通にツヤが出てキレイだったんです。それが…💧

 

美容師歴18年ですが、

その18年分の知識と経験が全て覆されるようなことがたまに起こります。

 

抗がん剤治療とホルモン療法ってそれだけ髪にとって毒なんでしょう。。

 

といっても、ビビれている髪をそのままにしておくわけにいかないので方法を試行錯誤しました。

 

正直、色々な方法を試しました。

究極の方法も。

最終的にはだいぶマシにはなったけどその後どうかな〜❓って感じです。

 

 

治療後、半年くらいはまだ抗がん剤の影響を持った毛が生えてきます。

例えば、伸ばしたい場合は一切カットせずに伸ばす方も多いかと思いますが、その場合、今回のようなケースが出る確率が高くなります。

そう、その毛先がネックなんです。

根元と中間部分は本来の毛質に戻ってるけど、毛先はいつになっても治療の影響を受けた毛質なんです。

カラーを重ねるごとに不具合が起こってきてもおかしくありません。

しかも、ホルモン療法中となるとホルモンバランスも崩れているため、髪の毛にも影響が出ています。

 

そうならないために対処をするのが仕事なのに、今回のケースが起こったので知識不足でした。

今回、しっかりとした対処法を見つけたので困っている方は相談してくださいね❗️

 

あとね、家で自分でする人がいますが、今回のことを考えるとできればしない方がいいかと。

 

市販のカラー剤はどんな人にも対応し、染まるように作っています。髪が弱めな人が使うとどうなるのか。想像するだけで怖いので、特に治療後はしっかり美容室で対応してもらう方がいいですよ❗️

 

 

僕もまだまだです。

もっともっと勉強してどんな状態にも対応できるよう頑張ります❗️

 

 

 

コメント

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました