スポンサーリンク

使えないクセは置いておくよりも真っ直ぐにするべき! | 抗がん剤治療後の自毛の相談ができる美容師

スポンサーリンク

 

まれにね、

ごくまれにね、、、

 

抗がん剤治療後に伸びてきた髪の毛がめっちゃいい感じのクセになってる人がいるって知ってます❓

 

なんかね、

パーマをかけたみたいな使いやすいカールになる人がまれにいるんですよ。。

 

そんな方には

よかったね〜⭐️

の一言。

 

パーマをかけずにいい感じのカールがついてるとかめっちゃ遊べるじゃないですか❗️

 

ただ、もっと伸びてくるとどうなるか…

 

例えば、もともと直毛の方は

根本は真っ直ぐ、毛先はカール。

そこまで行くと逆に使いにくくなってくるんですよね。

毛先はカールがついてるからふんわりするけど、根元は真っ直ぐなのでペチャンコ💧

 

そこまで伸びたらカールは取ってしまってる方がセットはしやすくなります。

 

今回のお客さまもそのひとりです。

 

 

毛先はいい感じのカールがついてるのに

根元は真っ直ぐでしょ❓

 

 

ここまで来ると自分でセットするのもかなりしにくくなってくるんですよね💧

 

って事で、

カラーリングのみの予定を急遽変更して

ストレートパーマ(酸性)も同時にしちゃいます。

 

あっ、メニューの急な変更にもちゃんと対応できるように時間は充分に取ってあるので気にしないでね😉

 

酸性のストレートパーマは通常の縮毛矯正ほどは真っ直ぐに伸びないって難点はあるんです。

 

 

時間で言うとだいたい2.5時間ってとこかな?

 

カラーも入れるとだいたい3-4時間ぐらい。

 

で、仕上がりは、、、

 

 

髪の質的にもピッタリだったのか、思っていたよりも真っ直ぐになった⭐️

 

ヨカッタ〜❗️

 

使えるクセは使えばいいと思うけれど、

使えないクセを無理に使おうとするとただただストレスになるだけ。

 

なら、まずはそのストレスを解消することが毎日のラクになるんじゃないかなって僕は思うんです❗️

 

間違いなく楽が一番だもんね😉

 

 

抗がん剤治療後の自毛の相談がある方はまずは連絡してみてください⭐️

どんな質問でもいいですよ😉

 

では、また〜👋

 

 

 

 

コメント

PAGE TOP
タイトルとURLをコピーしました