スポンサーリンク

ベリーショートでも全然OKなんで!| 抗がん剤治療後の自毛の相談ができる美容師

スポンサーリンク

 

ベリーショートでも全然いいねん❗️だから、ウィッグ脱げるなら脱ぎたいわ❗️

 

そう言ってもらえると、

僕自身もめっちゃやりやすい⭐️

 

抗がん剤治療が始まって約1年。

 

 

伸びるの早過ぎやろーーーー❗️笑

 

 

サイドもこんな感じ。。

 

この状態で縮毛矯正をして白髪も染めて自毛デビューってのも正直アリやとは思うんですけどね。。

 

あくまで個人的な意見なんですけど、

トップが短いので全体的なバランスがなぁ〜ってな感じです。

 

トップがまだ短いとなると、サイドや襟足部分の髪の長さが気になるんです。

 

そんな時に僕のやる気を

さらに引き出す言葉が、。

 

ベリーショートでもいいねん!

です。笑

 

ベリーショートでもいいとなると気にせずにサイドと襟足を見栄え良くバッサリカットできます。

全体のバランスを考えてね😉

 

おうちで自毛デビューを宣言してきている以上、絶対にウィッグを脱いで帰らせないと❗️って勢いづきます⭐️

 

今回、気になるのはクセ💧

それに、白髪💧

 

最低でもこの二つは何とか改善しないとです。

 

気になるクセなんですけど、

結構強めなんですね😅

ただ、縮毛矯正をするとなると髪が負けそうな質感…

これは以前にもあった、

あるホルモン剤を使用している人に多い質感💧

かなり要注意。。

 

でも、髪質改善トリートメントでは歯がたたなさそうな感じなんで、縮毛矯正の弱い部類で放置タイム無しでつきっきり施術。。

 

当然、その間はお喋りしまくり⭐️笑

 

今回のお客さまの職業は看護師。

ってこともあって、気になるホルモン剤の副作用の出る出ないのちがいは何かあるのか聞いてみたんです。

 

そしたらね、、、

それは多分、ジェネリックだからじゃないか❓ってことで納得。

 

正直、数年前まではこんな副作用は見られなかった。なのに、なんで今はこんな副作用が見れるのか。。以前と今の違いといえば、特許が取れた薬剤のジェネリック化。

ぶっちゃけ、内容は全く一緒ではないみたいです。

 

それを聞くと今多くなっている髪に出る副作用は納得がいくかなって感じ。。

少しでも安く済ませるようにって考えるとそれなりのリスクも出てくるもんなんですね😅

 

それがわかれば対処もしやすいので、

いろんな改善方法を考えてみようかなって思ってます⭐️お楽しみに〜😉

 

 

そんなこんなでいろいろお喋りしながら約3時間。

 

仕上がりは🔻

 

 

若干のクセを残しつつふんわりする程度の縮毛矯正。トップはワックス等を使ってもらってセットしてほしいなって思います。

 

 

襟足もすっきりさせ、トップの短さを分からなくするように段差をつけて丸みを出してます。

 

後ろもクセを少し残してあるのでセットする時が楽かな⭐️

 

 

前髪部分やトップに多く見られた白髪も当然全て無くしました❗️っていっても、抜いたわけじゃなく、染めたんですよ😉笑

今回のカラーは濃いめのネイビーアッシュ❗️

新しいカラーの調合です⭐️

 

 

前髪はまだまだ短いけど、毛量はあるので時期により自然になります。

特にサイドはウィッグで押し付けていたクセが付いてます。

ウィッグを脱いで生活して1週間もすればそのクセもなくなっているかと思いますよ😉

 

ビフォーアフターは🔻

どうですか❓

すっきりしたでしょ⭐️

 

もうこの時期は暑さはあまり感じられないのでウィッグがきにならなくなってきたかなって思います。

 

でも、

自毛で外に出た方が断然楽だし、

ヘアスタイルも楽しめる。

 

これからの時期、カラーも秋色を楽しみたいですよね⭐️

自毛デビューすればそこからはヘアスタイルは自由なんですよ❗️

でも、やりすぎには注意してくださいね😉

抗がん剤治療後に生えてきた髪の毛はとてもデリケートなんで❗️❗️

 

 

では、また〜👋

 

 

コメント

PAGE TOP