スポンサーリンク

がん患者さんがコロナワクチン接種時に注意すべきこと。

正直言ってもう今更かもしらんけど😅

もっと早く言うて❗️って言わないでね💧

今、

コロナのワクチン接種をした人、

これからする人

いろいろやと思うんやけど、

がんの治療をした人は注意してほしいことがひとつ。

対象は、、、

リンパの手術をした人。

何を注意するかと言うとね

ひとりお客さんであったのが、

リンパ浮腫…

コロナのワクチンを打って

リンパ浮腫になっちゃった人が出てきてるんです。

一般的には手術をした方には注射せずに

反対の腕にしてると思うんやけど、

稀に両方のリンパを手術してる人がいるんですよ。

その場合、どこに注射すればいいのか…

コロナのワクチンってね、筋肉注射でしょ❓じゃあ、筋肉があるところであればどこでもいいらしいです。

やっぱね、ワクチンワクチンでリンパが腫れるって人も多くいてるのでリンパを手術した人は念のためにとかお尻とかに注射してもらう方がいいと思うわ。。

何かあってからやったら遅いから❗️

これはあくまで個人的な意見なんやけどね😅

一度リンパ浮腫になってしまったら改善するのがホント大変なんですよ。

絶対に完治するとは言い切れないし…

だからね、

可能性があることは事前に排除しておくのがベストやと思うんです。

注射を打つ時、看護師さんやお医者さんやと思うんやけど、がんについての知識はある人が少ないんちゃうかって思う。

知識があれば事前に違う部位に注射することを勧めてあげてほしかった。そしたら浮腫にならずに済んだのに…。

なんか、愚痴みたいになってしまったけど、自分の関わりのある人にそう言う人が出てきたらなんか辛い。

これからワクチンを打つって人はちょっと参考にしてみてください❗️

抗がん剤治療後の自毛のことで悩んでるなら谷田まで連絡ください⭐️

何かと解決策が見つかると思いますよ😉

 

いつでもどんなことでもお気軽にお問い合わせくださいね😉

お問い合わせは⬇️のLINE@からお願いします⭐️

では、また〜👋

コメント

PAGE TOP