スポンサーリンク

【医療用ウィッグの扱い方】のギモン。長持ちさせるための3つのすべきこと!

スポンサーリンク

 

僕はいつも

医療用ウィッグはモノじゃなく、あなた自身です❗️

って言っています。

 

その通りじゃないですか❓

 

だってね、

抗がん剤治療が始まって、脱毛してしまうとそのまま外には出れないでしょ❓

ウィッグが必要じゃないですか。。

 

ウィッグがないと外に出れないわけなんで、ウィッグに愛情を持ってあなた自身と思って扱ってほしいんですよ。

 

それに、

そんなにしょっちゅう買い換えられるものでもないと思うので、特に大切に扱って長持ちさせてほしいなって思います。

 

そのための方法を3つお伝えしますね😉

メモのご用意をっ❗️🎶 笑

 

①ウィッグに毎日声かけ

は?? 何言ってんの❓

って思う人も多いかと。。

意外と声かけって大切やったりするんですよ😉

簡単なことでいいんです。

 

かぶる時には、

今日もよろしくね❗️

家に帰ったら、

今日もありがとうね❗️

 

コレだけでいいんです。。

あとはウィッグに名前をつけてもいいかな🌟

よく言うでしょ❓

葉っぱにも話しかけるとちゃんと答えてくれるって。。

 

それと一緒❗️

一度試してみてください🌟

 

 

②しっかり洗う

よく質問されるのが、

あんまり洗ったら傷むんじゃない?

です。。

全くもって傷みがないと言うのは嘘になります。

が❗️

あまりにも洗わないとなると

夏場は特に汗をかいたりするんでニオイが気になります。

それに、一日外に出ているとホコリや汚れがついて、それが何日もとなると汚れの膜が出来てしまうってことも。

そうなるとベタベタな毛質になってしまい、ゴワつきが出てきます。

そうなってしまうともうどうしようもないので新しいのを購入するか、我慢するかの二択になります。

 

せっかく高いお金を出して買ったのに、

そんな扱いでいいんですか❓

 

ブランドのバッグを道端で地面に置きますか❓家に帰ってその辺に放り投げておきますか❓

しないですよね❓

じゃあ、ウィッグも一緒。

 

傷みは出るかもしれないけれど、

洗わないよりは傷みがマシです。

 

しっかりマメに洗ってあげることも

常にキレイを保つことと長持ちさせるためのコツ

ですよ🌟

 

 

③メンテナンスに出す

結構重要なこと。

購入店ではたいていどこでもメンテナンスの制度があるはず。

それを上手に使ってプロの手で綺麗にしてもらうことも大切です。

 

購入店であれば、普段家ではできない方法のメンテナンス技術があるはず。

ちなみに、ぼくらはありますよ😉笑

 

一ヶ月に一回、

メンテナンスに出すことで、プロの目で判断することができます。

 

たとえば、、、

トリートメントをしておいた方がいいとか、人毛ウィッグの場合はカラーが明るく退色してきているので染めておいた方がいいとか。

 

あとは、汚れの膜がついてしまってゴワつきが出ていたりすると大変なので一ヶ月に一回のメンテナンスは必須って考えてほしい。

 

実際に僕の担当しているお客さまは一ヶ月に一回は必ず持ってきてくれます。

って言うよりも、予約を入れて帰ります。

 

2回に一回ぐらいのペースで

ウィッグに髪質改善トリートメントをしています。

🔻

人毛特有の微妙なクセと水分が抜けてパサつき出した髪はしっとりツルサラになります❗️

 

これが結構ウィッグの状態が回復するので気に入ってもらってるんですけど、まだまだ知らない人も多い。

もっと知ってもらえたらいいねんけどなってホント思います。

僕の力不足ですね😓

 

 

これらの3つのことをしっかりと守っていればウィッグは長持ちします。

どれか一つ欠けてしまうとそれなりの持ちになると思いますよ❗️

 

いろんな意見があるかと思うんですけど、

美容師としての意見は以上です。

あくまで僕の意見ですけどね😉

 

いろんな意見がある中、

どれを信じて実行するかはあなた次第です❗️

 

ウィッグに関してのご相談があればいつでもどーぞ🌟

 

 

では、また〜👋

 

 

 

 

 

コメント

PAGE TOP