スポンサーリンク

ウィッグを作るタイミングは治療前がベスト! 医療用ウィッグを作成する美容師

スポンサーリンク

 

気になってる人多いんじゃないかな❓

 

ウィッグってどのタイミングで用意すればいいのかわからない…ってひと。。

 

正直、脱毛までの間ならいつでもいいと思います。

 

ただ、、、

不安やねん…

って人が多いのも事実。

 

それはなぜか。

 

いざ脱毛が始まっちゃったら外にでれなくなります。

その場合、

手元にウィッグがあればかぶることはできるけれど、手元にない場合は焦りに変わります。

 

ってことは、、、

脱毛までにウィッグは手元に用意している方が安心するってことになります。

 

ただ、これは治療の副作用があまりなかった場合です。

 

たとえば、

抗がん剤治療が始まって、体調が優れない日が多かったとします。

そうすると、体調が悪いために外に出ることができなくなりますよね❓

外にでれないとなるとウィッグを用意することも困難です。

 

まぁ、ネットで安いウィッグの購入を検討している人は問題ないかなって思うんですけど、

店頭で購入する予定の人はまた焦りになります。

 

焦った状態でウィッグを購入すると失敗する可能性もあるので、出来れば安心を得るために抗がん剤治療開始前にウィッグを用意しておくとベストじゃないかなって個人的には推奨してます。

 

不安なまま治療開始するよりも

安心して治療に臨む方がいい結果になると思いません❓

 

実際ね、同じ治療をしても気持ち次第で効果ぎ変わってきたらってこともあるんですよ。

 

『病気』

って漢字は、、、

病いは気からって書くでしょ❓

気持ち次第で結果も変わるんですよ😉

 

 

先日もウィッグの事前準備をさせてもらいました。

 

 

この状態がベース。

 

ベースからカットをしてヘアスタイルを作ります。

 

 

まずは長い目に設定。

 

事前準備の場合、ある程度の長さにはするけれど、かぶったままカットしてしまうと自毛の膨らみによって差が出てしまい、実際に被るときになると長さの違いが出てきてしまいます。

 

なので、まずは長めにカットしておいてかぶれる状態を作っておいてから

脱毛が始まってウィッグを使用するときにサイズ調整と調整カットをして馴染ませます。

 

それが一番自然なカタチにできるって僕らは信じているので😉

 

ピタッと一回で合わせてしまうと絶対に失敗する。

少しずつカットしていって最終的にピタッと合うようにしていくのがベストじゃないかな⭐️

 

 

治療前に不安になることをある程度解決しておくと気持ち的にラクに治療に臨めるので参考にしてくださいね😉

 

相談等いつでもお受けしますのでお気軽にご連絡くださいね〜⭐️

 

 

 

 

コメント

PAGE TOP