スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

がん副作用で脱毛が始まった。医療用ウィッグデビューするのっていつ?? | 大阪で医療用ウィッグを作成するならHa-DU

スポンサーリンク

先日、医療用ウィッグをご購入いただいたお客さまTさまの脱毛が始まったって事で自毛をカットしてウィッグの調整に入りました。

 

抗がん剤治療開始から約2週間後が脱毛開始の目安。

 

って事で、実はウィッグ作成させてもらった時に今日の予約はすでに取ってあったんですよね〜😉

 

予想通り、昨日の晩からちょこっと脱毛が始まったみたいでした。

ただね、まだちょろちょろ抜けてる感じだったので、まだ大丈夫やな!毛の量多いし。。ってな感じでした。

 

でも、ご本人は、、、

落ちた毛の掃除が面倒やん!

ってことで、バッサリ坊主に。。

 

絶対に坊主にしなあかんわけじゃないですよ❓

ショートでもいいし、カットしなくてもいいんです。。

ただ、ウィッグを被り始めるのであれば坊主にしている方が被りやすいんです。

 

それに、短く切っても脱毛はします。

短い毛は床に落ちても分かりにくかったりします。長い毛が落ちると存在感があるんですよね😅

 

僕の担当するお客さまのほとんどはバッサリ切る派が多いみたいです。。笑

ラクが一番やもんね〜⭐️

 

早速、元の状態

 

 

からの〜

 

 

 

バッサリと坊主に。。

ここまで短くするとウィッグはすぐにかぶれます。

 

それに、サイズ調整もしっかりできるので一回でウィッグデビューに向けての準備が全て終わります。

 

これなら何度も足を運ばなくて大丈夫🙆‍♂️

 

 

後は、

ウィッグを被ってサイズを調整して〜

似合わせのカットもね😉

 

あーだこーだしながら、、、

出来上がりっ❗️

 

 

出来るだけ元の状態を再現。

それが僕らの強み。

カットして似合わせが出来るのは美容師であることの強みです⭐️

 

これから1年間共に過ごす家族みたいなもんです。大切に使ってくださいね〜😉

 

 

では、また👋

 

 

 

 

 

 

コメント

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました