スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

「デザイン重視のカラー」と「髪を傷ませないカラー」どちらを重視する? | 抗がん剤治療後の自毛の相談ができる美容師

スポンサーリンク

 

今、カラーが結構人気って知ってます⁇

実はちょっとブームになってるんです。

まぁ、結構前からですけど😅

 

カラーで検索をするとね、

『イルミナカラー』とか『アディクシー』とかカラー材の名前がカラーメニューの名前になってるんです。

 

外国人風カラーってよく聞きません❓

その外国人風カラー、いわゆるグレージュって言われる色味が多いんですね❗️

 

 

ただね、綺麗な色味を楽しむためにはそれなりのリスクがあるって知ってます⁇

 

リスクってどんな?

 

簡単に言うと、、、

髪の傷みです!

 

 

グレージュ系の色味は暗めのイメージが強いんですけど、ただ単に暗くするだけでは外国人風カラーにはなりません。

日本人特有の赤みが残るためです。

 

その赤みも取るためにはブリーチが必要なんです。

 

皆さんも知ってると思いますけど、、、

ブリーチ=傷む…

 

ブリーチを使わないでも外国人風カラーができるってので、イルミナカラーやアディクシーがブームになってるってわけなんです。。

 

カラー材の中には脱色染料が入ってます。

その脱色の度合いが通常のカラー材よりも強めであり、染料もその分濃くなってます。

 

ってことは、、、

ブリーチ並みに明るくしてから色味を濃く入れてるってことになるんですよ❗️

 

ここ最近よくお話ししているアルカリカラーってあるんですけど、アルカリ度合いも少々強めに設定されているようです。

 

トリートメントカラーとして有名になっているカラーであっても、アルカリカラーである以上回数を重ねるごとに傷みが蓄積されてるんです。

 

そのため、色持ちが悪くなってきたり、チリついたりってことになるんです💧

 

最近うちで入れたカラー材(リニューアルしたカラー材)は外国人風も楽しめる微アルカリのカラー材です。

あるからの強さは通常のカラーが10だとしたら、微アルカリのカラー材は1です。

それだけでも髪の毛にダメージを与えないように造られてます。

当然トリートメント効果もあるカラーなんで、カラー後の髪質はツルッとしてるのが触ってわかる感じです。

 

色味を重視してカラーを楽しみたいのであれば断然流行りのカラーを使う方がいいと思います。

 

ただ、傷ませずに綺麗にカラーを楽しむのであれば断然リニューアルしたプロマスターだと僕は思っています❗️

 

 

今日ね、

ディーラーさんでプロマスターのお披露目&モデル染毛があったんです。

 

 

もうすでに使い始めているカラーだけど、使い方は様々。

いろんな人の知識を入れ込んでオリジナルを作る。そのためにカラーの講習にはなるべく出席する様にしてるんです⭐️

休みの日やけどね💧笑

 

でも、今日のインストラクターさんも技術者としてしている方だったので全てに説得力があったんですごい勉強になったなって思います❗️

 

 

みなさんはどっち派かな❓

傷みを気にせず色味を楽しむ❓

それとも、、、

傷みをケアしながら色味を楽しむ❓

また聞かせてくださいね〜😉

 

 

さぁ、明日からまたバタバタの一週間のはじまりです!

頑張ろーっと⭐️

 

 

では、また〜👋

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました