スポンサーリンク

【酸性ストレート】はこんな方には絶対にオススメしたい! | 抗がん剤治療後の自毛の相談ができる美容師

スポンサーリンク

 

ここ最近よく話題に出す

酸性パーマ

そんな酸性パーマは髪の状態がどんな人にオススメなのか教えてほしい❗️

って意見があったので記事にしますね😉

 

酸性パーマと言っても、

よく聞かれるのは酸性の縮毛矯正のほう。

 

くせ毛の人からすると、

縮毛矯正は友達みたいなものです。

 

常に縮毛矯正をかけておかないとクセがジャマしてセットがしにくくなりますよね💧

 

おしゃれな人ほどマメにストレートにします。

 

特にこのブログは抗がん剤治療を経験した方がよく見てくれてるかと思うんですが、

必ずと言っていいぐらいの割合で抗がん剤治療後に伸びてきた髪の毛はくせ毛です😢

 

しかも、ただのクセではなく、

細くて柔らかく、ザラザラの感触の強いクセ。

 

新しく生えてきた髪の毛なのに

ダメージを持って生えてきます。。

 

これは、全て抗がん剤治療の影響みたいなんですけどね。。

 

ただ、それは治るのか❓ってことなんですけど、それは不可能みたい…。

 

じゃあ、解決策としては綺麗に見えるようにすればいいんです。

 

そこで出てくるのが【酸性】です。

 

アルカリは髪の内部に入り込んで髪を膨潤させます。

膨潤させることでさらにダメージが重なるので抗がん剤後の方の髪にはハードすぎるんです。

 

逆に酸性領域だとアルカリのように髪の内部まで入らないので通常ではパーマはかからないんです。

 

でも、科学ってすごいですよね。

それができるようになったんです⭐️

酸性領域の還元剤なのでアルカリパーマよりは持続はしないものの、パーマ後の髪質が抜群に良くなります。

 

いわゆる、トリートメントパーマみたいなものです。

 

髪の内部に入り込まずにパーマをかけるので

髪が傷んだ方や柔らかくてチリチリになりやすい方でも安心してすることができるんです。

 

 

さて、話しを戻します。

どんな方にオススメしたいかですが、、、

全ての方です!笑

最初からそう言えよ❗️って怒られそう😅笑

 

特に、

●抗がん剤治療後の方全て

●これまでのカラーで髪が傷んでいる方

●パーマをしてもふにゃふにゃで元気が無い方

●髪が硬くてパーマをすると膨らみすぎる方

●ストレートをしたいけどペタンコはイヤ…って方

 

その他色々あるけど、

すべての方にオススメしたい❗️

 

 

先日のお客さまはこんな感じのクセ

 

 

何度か髪質改善をしてるので

膨らみは無いものの、クセはご覧の通り💧

 

 

全体的に微妙にクセがあるのでまとまりが悪いんです。

 

特に耳の裏。

耳の裏のクセはムダに広がって見えてしまうのでなんとかしたいもんです。。

 

で、今回は初めて酸性の縮毛矯正をしたんです。

 

そしたら、、、

 

 

このまとまり具合、ヤバくない❗️❓

 

まぁ、正直なところ僕自身もこの仕上がりはビックリしましたけど😅

 

まさかここまでとは。。

 

ビフォーアフターは🔻

 

 

普通ね、ストレートって言うと

ペタンコになるってイメージがあるでしょ❓

ペタンコにならんにしても、ボリュームダウンするとか。

 

でも、

写真を見て分かる通り、ボリュームアップしてるんですよね❗️

 

なぜ❓❓

 

ようは、むやみやたらにボリュームダウンさせすぎてたってのが原因。

 

それをやったのは僕です😅

 

酸性のストレートをしたことで、

自然な真っ直ぐさが復活したってわけです。

 

僕自身も日々勉強やなって反省しました。

 

 

今回の結果を見て少しでも興味を持ったって方がもしいたなら、いつでも谷田まで連絡ください⭐️

 

きっと満足いくはずですよ😉

 

 

では、また〜👋

 

 

 

 

コメント

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました