スポンサーリンク

 

抗がん剤治療後に伸びてきたクセが強すぎるので弱めたい…どうしたらいい? | 抗がん剤治療後の自毛の相談ができる美容師

スポンサーリンク

抗がん剤治療後に伸びてきた髪の毛のクセが強くて扱いにくい…

全て一方方向に流れるクセ。

しかも、外ハネ…。

根元から伸びてきている髪の毛は真っ直ぐ。

 

ここまで根元と毛先のクセ具合の差が出ると違和感💧

毛先だけが膨らんだ感じになります。

 

かと言って、縮毛矯正をして真っ直ぐになりすぎるのもちょっと…。

 

そんな場合の対処法は、、、

クセを緩めればいい❗️

 

そう。

クセを緩めればいいんです。

 

外ハネになっている部分は自然に流れる感じに。

膨らみすぎているクセは少しボリュームダウンさせる事で自然なクセ感になります。

 

実際、縮毛矯正で真っ直ぐにするのも一つの方法ではあるけれど、クセを緩める程度でおさえておくのも意外といいんですよね。。

 

もともと微妙なクセがあった人からするとちょうどいい感じなんじゃないかな❓って思います。

 

実際にクセを緩めたのは🔻

毛先にちょこっとクセが残ってる状態。

でも、自然に流れる感じ。

サイドの外ハネもおさまりました。

外ハネがおさまると、ボリュームもダウンするので一石二鳥❗️

 

ストレートというよりもトリートメント感覚でできるのでカラーと同時に施術所も問題なしです。。

 

やっぱり、白髪は最優先でなんとかしたいですもんね〜⭐️

根元が結構伸びた状態。

白髪の量も💧

カラー後はこんな感じ。。

しっかり染まってます。

 

ちなみに、

今回は明るめが希望。

ただ、白髪もしっかり染まって欲しかったのでグラデーションカラーを選択しました。

根元は白髪がしっかり染まって、毛先にいくにつれて明るめに⭐️

 

当然、明るめにするにあたって傷ませないように最善の注意を払ってやってます😉

 

そんなこんなで約4時間。。

ビフォーアフターはこんな感じ。

全体的にかなりボリュームダウンしてます。

かと言って、

真っ直ぐ過ぎず、若干のクセを残したまま。

サイドのもっさり感と外ハネの使いにくいクセもなくなり、後ろに流れる程度のクセ感。

白髪もしっかり染まってグラデーションで明るめに。

 

 

全部するとなかなかの時間はかかります😅

ただ、一回クセを緩めるだけで日々のお手入れが楽になることは間違いないかと😉

やっぱ、ラクが一番いいもんね⭐️

 

自毛デビューに関してのメールでのお問い合わせをたくさんいただいています❗️

感謝です⭐️

 

自毛に関して気になることがあればまずは相談してみてください❗️

ひとりで考えても絶対に答えは出ないですよ❗️

 

お気軽にご連絡くださいね😉

 

では、また👋

 

 

 

コメント

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました