スポンサーリンク

ウィッグの前髪が気になって触りすぎた結果… 脱毛症やがん患者さんのための医療用ウィッグを扱う美容師

スポンサーリンク

 

男女問わずです。

ヘアスタイルの中でも一番重要な部分っていうのが、、、

前髪です❗️

 

前髪ってね、

中には、前髪を簡単に考えて自分で切ってる人も多いかと思うんですけど、

僕ら美容師でも一番チカラを注ぐ部位でもあるんです。

 

だってね、

前髪はその人自身の顔そのものなんです。

 

前髪一つで顔の印象がガラッと変わります。

短ければ活発に見え、

長ければ大人女性。

真っ直ぐ揃って目の上ギリギリだと目ヂカラが強く見えたりもします。

 

だから、前髪はカットする上でも一番難しい部分でもあるんです。

 

と同時に、一番気になる部分でもあるってこと。。

 

前髪が決まらないから必要以上に触ったり、アイロンしたり。。

 

自毛の場合はまだマシなんですけど、

ウィッグでそれをやっちゃうとどうなるか、、、わかります❓❓

 

医療用ウィッグの構造としては、

ウィッグのてっぺん部分に人工頭皮が付いています。

 

写真は部分ウィッグですが、

肌色の人工頭皮がついてるんです。

 

これは、てっぺんの分け目が頭皮に見えるように肌色なんです。

肌触りをよくしたり、網目を細かめに使っているため、スゴくデリケートな部分でもあります。

 

そんな人工頭皮部分の髪を引っ張ったりするとどうなるのか、、、

 

 

裂けてしまう可能性があるんです❗️

 

写真だと分かりづらいかな😅❓

 

 

ちょうどこの部分に横に線が入ってる風に見えるかと。。

 

前髪を引っ張りすぎたせいか、

横に裂けてしまっています。

 

こうなると、

もうどうしようもないんです💧

 

縫い付けると縫い目が見えてしまうから余計に違和感だし、かといってこのままでも気になりすぎる…。

 

そうでなくても、前髪が気になるのにこの状態のままだと外に出れません💧

 

そんな場合は、

あくまで応急処置なんですけど、

前髪を増やせば分かりにくくなります❗️

 

さて、どういうことか。。

 

 

前髪として使う毛を深くとるって言えば伝わるかな❓

 

 

今までよりも後ろから前髪として作ればいいんです。

そうすることで、

裂けた部分の上からまた髪がのっかかることになるので、裂けた部分が隠れます。

ただ、あくまで応急処置です。

 

一番いいのは新しいのを購入することだけど、そんなぽんぽん買える安いものでもないのでね😉

 

今までよりも深めに前髪を作ってなんとか裂け目が分かりにくくなったウィッグを被って、、、

 

助かった〜😅

 

って言ってました。

どうやら、ウィッグを洗ってアイロンをしている時に見つけたそう。

見つけた瞬間、血の気が引いた感じでメールを送ってくれたみたいです。。

幸い、早急に対処ができる予約時間があったからよかったんですけど。。

 

同じような悩みがある人が絶対にあるはずやから❗️って事で、この内容はそのお客さまの要望でもあります。。

 

抗がん剤治療の副作用からの脱毛だと

ウィッグを使うのは約1年ちょいです。

1年ちょいで人工頭皮やその他の部位が劣化することはほとんどありません。

 

が、、、

思いもよらぬ脱毛で悩んでいる人からすると、長期間ウィッグを使うことになります。

長期間使うことでウィッグの劣化も出てきてしまいます。

正直、ウィッグの買い替え時期ってわからないんですよね。。

 

そうなると、

今回のような悩みが絶対に出てくるはずなんです。

 

ウィッグに関しての悩み相談ができる場所ってなかなかないので、一度相談してみてください🌟

 

可能な限り知恵を絞り出しますので〜😉

 

 

では、また〜👋

 

 

 

 

 

 

 

コメント

PAGE TOP